HOME プロフィール 仕事(講談) 仕事(その他) その他

●続く会

旭堂南海の何回続く会? 毎月第4火曜日 19時開演 薬業年金会館 木戸銭:1500円
2016年
2015年
2014年

【2015年】

05月26日(火)19時 第214回
 増補・難波戦記(五) 『塙團右衛門』〜樫井川の激戦〜


 《会の案内ちらしより…》


 《会の案内はがきより…》
生まれて初めて論文なるものを書かねばならな くなり(マァいつもの調子でヘイと引き受けて しまったのですが)、今、締め切りに追われて ヒーヒー言うてます。それに関して、二代目や 師匠(三代目)の様々な言葉を拾っているとなか なかの金言がございました。昭和27年『毎日 グラフ』吉川幸次郎・二代目対談から。吉川「師 匠の口移し?それとも本があるのですか?」二 代目「本があります。師匠のやるのを聞いて本 に書き込んで行きます。高座でも前に台があり ますから、その上に上げないでも、本をその下 に置いて、本を見てやるわけなんです。師匠か ら受けついだものに、更に自分でいろいろの本 を調べて研究してつけ加えて行くのですが、そ うして本を書くから頭に入るんですな」。平成3 年『演芸マガジン芸能楽しむ会』三代目南陵語 録から。「酒は薬です。私にとって最良の薬で す」・・・金言だわ。でも論文には載せられないわ。 申し訳ありません師匠。二代目のを採用します。


第213回へ  第215回へ