HOME プロフィール 仕事(講談) 仕事(その他) その他 掲示板

●続く会

旭堂南海の何回続く会? 毎月第4火曜日 19時開演 薬業年金会館 木戸銭:1500円
2016年
2015年
2014年

【2015年】

01月26日(月)19時 第210回 ※第4月曜日になってます。
 年始特別編 難波戦記・発端『大坂の陣はココから始まる』


 《会の案内ちらしより…》
講談の難波戦記発端は演者によって様々であります。南海の発端はココとい うのを読ませていただきます。2015年は講釈師にとっては稼ぎ年になるのか、 はたまた、ならないのか?一部の講釈師が稼ぐのか?一部とは誰なのか?そ れでなくとも少ないのに一部ってどれぐらいの数を指すのか?

 《会の案内はがきより…》
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。先 日、日本最後の仇討「高野の仇討」現場にある 「七士殉難の墓」を取材しようと極寒の中、南 海高野線「紀伊神谷駅」から徒歩で出かけまし た。駅員に「すぐ解るよ。淋しい道やで」と餞 の言葉を頂戴し、急な坂道を10分程登ると、 道標に「2キロ」とあった。そのまま道なりに進 むと今度は下り坂。行けども「七士殉難の墓」 が道端に無い。看板があったのでコレかと見る と「クマ出没要注意!」・・・気が付けば90分経 っていた。陽も傾いてきた・・・マジで怖かった・・・ どうしようかと思案していると・・・左側の傾斜を 老婆が下ってきたっ!ヒーッ・・・勇気を出して 「今宵一晩泊めて・・・じゃなく、お墓ありません か?」「知らん」「仇討の・・・」「知らん。お前 さん・・・」「ハイ・・・」「道間違うとる」「ヒィー」 危うくソコに「一士遭難の墓」が出来る所だっ た。今度はほとんど上り坂を2時間かけて戻り ました。死ぬ思いでお墓を発見しましたよ。


第209回へ  第211回へ